2006年01月28日

MOZART DAY

今日は「モーツァルト生誕250周年」です。
↓この人ですカメラ
Wolfgang_Mozart_posthumously_by_Kraft_1819.jpg
よく音楽室にこんな写真ばかり飾ってあって、よく目が合って気味悪かった覚えがある。
忘れ物をしたりした時には最悪。この写真たちがある音楽室にはひとりで入る勇気はかなりいるがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

もとい・・・・。

私は幅広く音楽を楽しむタイプで、中でもクラシックは大好きぴかぴか(新しい)
色々なCDCDCDCDを持っていますが、渡米して初めて購入したクラッシクのCDCD「モーツァルト」でしたぁグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


なぜ?モーツァルト?
って・・・・・。

もう誰もが知るモーツァルト効果を試したくてですパンチパンチパンチ
世間では色々な効果があると言われていますね!
一般的には・・・・。
【脳への刺激により、休息と回復・記憶力・集中力UPなど脳を活性化する。ゆるやかなテンポの曲などが胎教にふさわしく、モーツァルトの音楽を聴く事による「心の癒し」を感じる事が出来る。】と言われ多くの人に親しまれています。

そして、私が耳耳にし、目目をつけたのは・・・。
モーツァルトの曲は英語力UPに繋がる!
っという事で、早速CDCDに飛びついた始末です手(チョキ)
すぐ何かに頼るのはよくないのは分かっているものの・・・興味津々でるんるんるんるんるんるん

モーツァルトの曲には、高周波音が非常に多く含まれているそうで、『脳を活性化して、脳内ホルモンの分泌を活発にする』働きがあると言われているようです!
そして、脳の活性化は『精神活動だけでなく、身体機能の改善や老化など、心身のあらゆる分野に影響を与える』事に繋がるとの事グッド(上向き矢印)
日本人が、いつまでたっても英語を聞き取れない原因として、
日本語で使う音域帯と、英語で使う音域帯が全く違う為であると言われているようです。
低音域の音に慣れてしまった日本人は、高音域中心の言語である英語を聞き取る事が苦手で出来にくくしていると言うわけですがく〜(落胆した顔)
だから、低音域しか聞き取れなくなってしまった耳耳を、たくさん高周波音を含んだ『モーツァルトの音楽るんるん』で、少しでも高音域が聞き取れる耳に変えれるかもという効果グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

ん???効果はあったか・・・?
まぁまぁお堅い事は抜きで・・・たらーっ(汗)(笑)
毎日は聴いていないものの・・・今日は一日聴いているから、これからの効果に注目ですたらーっ(汗)
まぁTVTVや映画映画から嫌いになる事なく、マイペースで聞き取れるようにしたいのものです!でも聞き取りって渡米した当初に比べたら、この1年半で少しはよくなった(主人も思っているようです)。
ただ、相手の言っている事が理解出来ても、自分の言いたい事がうまく英語で話せない苦痛さに最近はぶち当たりイライラ・・・ストレスがたまる反面、やっぱり失敗恐れずで実践と勉強が必要と感じる今日この頃ダッシュ(走り出すさま)
モーツァルトで聞き取れる耳耳っを作ったら、今度は英語を話せるようになるor発音がよくなる効果のあるイイモノグッド(上向き矢印)はないものだろうか?へへへ手(チョキ)

丁度、今聴いているCDCDを買う時に、主人の両親がアイルランドから遊びに来ていて一緒に買いに行った。
義母「モーツァルトいいねぇ〜るんるんグッド(上向き矢印)」「私も好きよ!」
私「モーツァルトを聞くと英語力UPになるんですグッド(上向き矢印)
義母「そうなのぉ?知らなかったわぁ・・・目
・・・数日後・・・
義母「HONEY、モーツァルト聞き出してどう?英語の調子は???」
私「ノーコメントですがく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)
義母&私「笑」
義母「じゃぁ、息子(主人)の英語は何か変わったかしら?」
私「実はモーツァルトを聞き出してからアイリッシュアクセントが酷くなった様な気がして!これも問題ですね!」
両親に主人!顔を合わせて爆笑爆弾
な〜んて冗談を話した事を思い出しますグッド(上向き矢印)
勿論、主人のアイリッシュアクセントは酷くなったわけではないけど・・・。主人は日本も長かったので日本語はパーフェクト!話せる・読める・書ける3拍子OK!ましてや、変なおやじギャグ的なのもOK!だから、こうゆう変な外国人にはモーツァルトの効果は変に出てしまわないものか気になるところだわぁー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

モーツァルト生誕250周年を記念し引っ張り出してきたCDを今日から毎日1回は聴く事にしま〜するんるんるんるんるんるん


banner_04.gif←クリックお願いします!

posted by Honey at 03:05| ボストン ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | American Life&Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モーツアルト効果、胎教にいいとかいいますよね。
英語力アップとは知らなかった。でも、確かに的を得てますね。英語の周波数は2000〜8000ヘルツ。それに比べて日本語は1250〜1500ヘルツなんだそうな。日本人は英語を話すときはオペラ歌手になったつもりでしゃべるといいらしい(これはわたしの愛読書「日本語文法の謎を解く」という本のうけうりです。)
わたしも、いいたいことがいえなくってイライラすること毎日です。特に感情を伝えるとき。表現力がとぼしすぎる。。。
ご主人は日本語ばっちりなんですねえ。ちょとうらやましいです。

Posted by かんさん at 2006年01月28日 05:49
>かんさん様
かんさんさんもイライラする時ありますかぁ〜!
私はレベルの低さもありますが、やっぱりニュアンスが日本語とアメリカ英語で違うので、さらに苦戦しています!思っている事の内、100%中10%確実に伝えられたら合格ですわ^^ゞそれくらい日本語と同じくらいな気持ちで伝えるのは難しいです。
主人は日本語がパーフェクトなだけに、我が家は全ての会話が日本語になります。英語にしたら私の英語力も上がるのは分かっていますが、あまりに私が低レベルで彼は高レベルな日本語なので日本語の方が話すのに簡単なのです!(彼も同意見)日本語の苦手な外国人と結婚していたら、私の英語力は今頃・・・・なーんつってね!
Posted by Honey at 2006年01月28日 08:10
知りませんでした、モーツァルトが英語力アップに効果があるなんて・・・
これはさっそく試さなければ!!
クラシックはどちらかというと苦手ですが、「アマデウス」や「不滅の恋」といった映画を見ると親近感からかちょっと聴いてみようという気持ちになります。
Posted by vivian at 2006年01月28日 20:53
う…やっぱり『聴くだけで痩せるモーツアルトダイエット』に反応しちゃいます(^_^;)
モーツアルトかかっていて柑橘系のアロマ充満しているリッチな喫茶店とかあればいいのになあ〜!!アメリカにはやはりスーパー銭湯みたいのないのですか?そういうところでモーツアルトかかっていればいいのにね。しーんとしているよりいいかも。。。レモン風呂とか作ってダイエット効果あり!!とかいって。つぶれそうな銭湯さんに提案してみようっと(=^・^=)/
Posted by れいれい at 2006年01月29日 19:16
>vivian様
そうですね!映画からもクラシックって影響受けますね♪
早速お試ししてみてくださいねぇ〜♪
個人的には効果あったかは・・・ノーコメントですけどね・・。
Posted by Honey at 2006年01月31日 04:53
>れいれい様
こんにちは☆
アメリカにも温泉はどこかにあるようですが・・・近くにはないです。あと、スーパー銭湯もないですわ・・・^^ゞ
こちらでは、SPAになりますねぇ〜。それに、ジャグジーをお家に入れている人もいるし・・・。
私にはダイエットも英語力も両方必要だわぁ〜☆
Posted by Honey at 2006年01月31日 04:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。